まず最初にしたい!結婚式場探しと予約

結婚式場の探し方のポイント

結婚式を行うと決めたら、まず取り掛かりたいのが式場選びです。式場を選ぶときには出来るだけ多くの情報を集めて、選択肢を広げてから一つに絞るようにしましょう。どのような結婚式をしたいのか、どんな雰囲気の式場が理想なのかを考えます。厳かな雰囲気で伝統的な結婚式にしたいのならチャペルを、日本の伝統的な式が好みなら神社などと自分たちの理想の結婚式が出来る場所はどこなのか考えましょう。優先順位なども決めておくと、迷ったときの参考になります。

積極的に見学会にも参加することも大切です。見学会では実際に式で使われる会場を見学することが出来たり、披露宴で振る舞われる食事の試食が出来たりします。ゲスト目線で式場のチェックができ、選ぶときの参考になるのでおすすめです。

予約の手順や気を付けたいこと

結婚式を挙げたい会場が決まったら、いよいよ予約です。本格的な契約を結ぶ前には日程を押さえるためだけの仮予約をしておきましょう。仮予約をしておけば1週間から10日程度その日付けを押さえられて、考える時間を確保することが可能です。キャンセルもしやすいので、会場が決まったらとりあえず仮予約をしておきましょう。仮予約をして再度しっかりと考えてから、本契約をします。本契約のときには予約金を支払って、会場を押さえることになります。予約をする会場によって予約金の金額は変わるので、事前に確認しておくと安心です。契約をしてキャンセルをするとキャンセル料が掛かることがあるので、本契約をする前には本当に後悔しないか考えてから契約することが重要です。

マタニティウェディングは、出産を間近に控えている夫婦の間でニーズが高まっており、挙式準備から当日の着付けまでこまめにサポートしてくれる式場が多くあります。